太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


イタリアのお土産に困った時には絶対この店
昨日から始まった家具の展示会SALONEでミラノは凄い活気。その上天気がいいので車と人の波でもう私はグッタリ-----。
ミラノの中心にあるギャラリ-Galleria Vittorio Emanueleで私用をすませ、SALONEに行く予定だったのですが、エネルギ-不足で断念。あまりのヒトゴミにまけてしまいました。
実はこのSALONE、ミラノ市あげての大きな展示会で参加社も訪問者も世界中から。また、街の中にはショ-ル-ムがあちこちに開かれてます。
明日は行くぞ、絶対に!

ところでGalleriaに行った目的は日本の友達へのプレゼント選びなの。困ったことありませんか? いざとなったら以外とないのよプレゼントって。
デパ-トやお店の数はそれは多いけど、いざという時困った時に行けば必ずといっていいほど助けてくれるのが、Galleria Vittorio Emanueleの中にある1919年創業のVIGANO' ウ"ィガノという老舗 。d0024404_8225334.jpg
イタリアのジュエリ-から手工芸品まで扱ってて、品揃えの幅がスゴイんだ。 それと値段がお手ごろなのがうれしい。スタッフもすごく感じいいの。 VIGANO'本店では、ベネチアビ-ズなどアクセサリ-パ-ツを販売。ミラノに来たら是非立ち寄って欲しいお奨めのお店ですよ。お土産に買ったムラノガラスのペンダント見てね。
d0024404_8231274.jpg

[PR]
# by italiadoc | 2005-04-15 08:25 | *一流建築/ショップ
イタリア コモ市 ビッラ.エルバ は生きている
DOCの第一弾イタリアスロ-ライフはシルクでも知られたコモ市から。
ミラノ中心から北へ高速道路ミラノ-コモ線を走らせ約50分
d0024404_2301220.jpg
ラッシュアワ-祝祭日を避ければ、ミラノ一日日帰り観光コ-スとしてDOC一押しのお勧め場所。 コモ湖は人間が歩いている姿の様な不思議な形をしていて、コモ市から北西Tremezzoの街までの西湖畔沿いはひじょ--------に美しいポイントです。
ミラノ-コモ線のイタリア最終出口 como nord (北コモ)を降りると cernobbio チェルノッビオ の街。かの有名なホテル Villa d'Este をはじめ、街には1800年代の別邸があちこちに。 これがイタリアの凄いところよねっ じつに。先日6日から行われたコモシルク織物の展示会(IDEA COMO)の開催場となった

Villa Erba エルバ邸の玄関内写真をどっぞ------っ。
d0024404_2292549.jpg

ちなみに展示会はこの広大な敷地内に巨匠マリオ.ベリ-ニによって建てられた国際会議場で行われるのですョ。
エルバ邸の歴史をさかのぼると1589年に修道院であったこの地に、1898年に建築され、映画監督Luchino Viscontiが夏の避暑地として利用していたことはよく知られいます。 現在、2階部分はオフィスとして、1階は会議や食事祝宴などに利用できる大広間がありこの空間の美しさは言葉で表すなんてムリムリムリデスごめん。フレスコ画と目前に広がるコモ湖そして石造りと緑と風..きっとあの時のままなんじゃないかて..きっと...。
[PR]
# by italiadoc | 2005-04-12 02:45 | *一流建築/ショップ