太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


天才イタリア画家の生家を訪ねて
美術の道を深く学んだことはないんですけど、DOCは絵が好きなのです。
書くのも見るのも両方とも。
自分で楽しむなら鉛筆か水彩画が手軽ってことで、一番身近な道具になってます。
イタリアにいて豊かだなぁとつくづく感じる瞬間の一つに
芸術作品やその背景を身を持って感じる時があります、DOCシアワセ。
画家.彫刻家.建築家として数々の傑作をイタリアに残した
Giotto ジオットの生まれた家を訪れました。(1267-1337)

d0024404_16315176.jpg
場所はフィレンツェ郊外Vecchio di Mugelloという小さな村の小高い丘の上。
何もない、ただ大自然のみがある小さな小さな村です。
ある日、Giottoは自分の絵の才能を表現するにあたりフリ-ハンドで
完璧な円を描き
、その簡潔さと熟練の手腕と才能がロ-マ法王の
目に留まったというのはとても有名な話。

2枚目の写真はDOCがど-うしても行きたかった、念願の場所。
エッ、草と石だけだって? 確かにそ-よね、有名ではない "橋" なんです
けど大切な "橋" 。
d0024404_16322597.jpg
羊の絵をこの橋の上で描いていたGiottoは当時12才

その時、Giottoの師であるフィレンツェの画家Cimabùeチマブエが通りかかりその後の彼の運命を大きく変えてゆくことになった "出会い橋" なのです。

"出会い"って大切よね、運命だから....
[PR]
# by italiadoc | 2005-05-27 17:35 | *お気に入り風景
Dolce Amaretti di Giovi
d0024404_2385731.jpg

ゴルフボ-ル?
飛行機の窓から見える雪山脈?
お行儀良く並んでいるのはイタリア ジェノバのお菓子
"Amaretti" アマレッティ
いろいろなメ-カ-が出しているイタリアの有名なDolceのひとつ
実はDOCにとって苦手なDolceの一つだったのですが....
このAmarettiはホッペ落ちました!!
イタリアにしては甘さ控えめ柔らかくってサクットしてて
手作りお菓子やさんなので現地に購入あるのみ。
d0024404_448233.jpg
これは中の感じ、ア-モンドいっぱいです。
店名は "Da o Forna di Zuvi"
GenovaのPasso dei Gioviという町にある老舗です
ネットでamaretti dei gioviで検索してみてね!
[PR]
# by italiadoc | 2005-05-26 02:56 | *Mangiare
イタリア光の門-1
ご無沙汰-!お久しぶり-!
「楽しみにブログをはじめよう」 「こつこつ毎日ブログをつづけよう」
と一人で心に決めてからまだ1ヶ月程しか経っていないというのに...
もはやブログ日課が崩れようとしている...
いいわけなんて言いたくない!でも言いたいなぁ--グスゥゥ

今日から再出発するのです、門出ということでテ-マも新たに
La Porta "門"


d0024404_1724546.jpg


幻想的で教会のように美しい光を放つ
フィレンツェ市内1600年前後の小さなPalazzoのLa Porta
[PR]
# by italiadoc | 2005-05-24 17:47 | *La Porta
イタリアミラノ スカラ座元常任指揮者 Riccardo Muti を再び
d0024404_2232439.jpg

ミラノ、スカラ座の常任指揮者 リカルド ムーティーが辞任した事は、ご存知でしょうか?
スカラ座は長年の借金の為にオーケストラの給料も遅延している状態でした。
一部の団員から、ムーティ―不信任が出てしまい,彼は辞任しました。がこれには政治的な背景があるらしく、彼を信じる団員達からムーティ―をスカラ座に戻そうという運動が立ち上がりました。
私も大ファンなので署名運動に参加します。
このままでは、かれは、アメリカに往ってしまいそうです。
もし、ムーティ―がお好きでしたら、是非参加お願い致します。

その場合、Maestro Muti COME BACKもしくは
MAESTRO MUTI TO RETURN TO TEATRO SCALA
と書いて名前,住所、E-MAIL ADRESS を明記して下記アドレスに
メールして下さい.
diegomarlena@yahoo.it

この件に関しては,私の友人で、発起人の歌手Marlenaの友人でもある方から知らされた事なので怪しい事ではございません。


Gentili Signori,

Sono Marlena Bonezzi, canto nel coro della Scala e insieme ad altri
cantanti abbiamo fondato un comitato per raccogliere firme che
incoraggino il Maestro Riccardo Muti a riprendere la sua posizione nel
teatro - dopo aver dato le dimissioni a causa di assurde incomprensioni
tra I lavoratori - che niente hanno a che vedere con l'arte e con il
ruolo di direttore che il Maestro svolge egregiamente da anni.

Se siete sensibili a questo problema vi invitiamo ad aderire
semplicemente inviando una mail a questo indirizzo:

diegomarlena@yahoo.it

Precisando che aderite all'iniziativa del "comitato per la difesa
dell'arte MLR (maestro le ritiri!) " che chiede appunto al Maestro Muti
di ritornare alla Scala. Siete invitati se possibile a chiedere anche
ai vostri amici di aderire.

Con sincera gratitudine

Marlena Bonezzi
Comitato per la difesa dell'arte MLR


ENGLISH

Dear Sirs

My name is Marlena Bonezzi and I sing in the chorus of the Scala
theatre in Milan. Together with other singers, we have formed a
committee that is collecting signatures in the hopes to encourage
Maestro Riccardo Muti to return to his position at the Theatre.

Unfortunately he dismissed himself after an absurd request on behalf of
some of the Scala employees. In the past days we have collected 100’s
of signatures and, we wish to invite you to adhere as well by
sending an email to this address:

diegomarlena@yahoo.it

stating that you adhere to the initiative of the “committee for the
defence of the arts - MRL” (maestro le Retiri- Maestro decline your
demission). We formed the committee in order to ask Maestro Muti to
return to Teatro della Scala. If you agree with our effort , you
might be so kind as to invite other friends and colleges to send a
similar email to the same address.

We thank you kindly
Marlena Bonezzi
Committee for the defence of the arts - MRL
[PR]
# by italiadoc | 2005-05-14 22:10 | *ファッション一流職人
イタリア サルウ"ィアについて
d0024404_6303190.jpg

昨日9日のilgattoさんの質問の答えにはやっぱり写真が一番!
ということでコレがフィレンツェ食べたサルウ"ィアのフリッタの正体です
そういえば昔昔に歌にもあったように記憶しています。サルウ"ィアの赤い花って..
サルウ"ィアのことネットで調べてみました。
イタリアで一般的に特に料理に使われるサルウ"ィアは、シソ科で青薄紫色の小さな花を咲かせます。イタリア語で " Salvia Officinalis " 肉魚料理や食物の保存をはじめ、歯磨きや老化防止の薬、傷薬など医薬品まで幅広く使われています。
そういえばサルウ"ィアオイルは美容効果もあるのか、ミラノのエステショップで結構みかけるな。
あっそうそう、初めて知りましたサルウ"ィアの名前の由来。
Il nome "Salvia" deriva da Salvere "godere di buon salute"
たしかに日本のシソも身体に良いって言うよね。

結局フィレンツェでシソ天ぷらを食べたわけだ...納得
[PR]
# by italiadoc | 2005-05-11 06:54 | *Mangiare