太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc


<   2005年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
L'ULTIMA PROVA 最終トライ
d0024404_21513844.jpg

お気に入り帽子!毎年日焼けの後がクッキリとすだれ模様??
今年も活躍しそうな気配
[PR]
by italiadoc | 2005-06-19 21:51 | *モブログ
3度目トライ
d0024404_21221049.jpg

彼女名前はFICUS PUMILA/HEDERA
フィクス プミラ ヘデラ
[PR]
by italiadoc | 2005-06-19 21:22 | *モブログ
もう一度
d0024404_2161549.jpg

画像サイズ小さすぎたかな・?
このサイズはどうかなあ?
[PR]
by italiadoc | 2005-06-19 21:06 | *モブログ
モブログ初投稿
d0024404_19162132.jpg

新家族ご紹介 FITTONIA COMPACTA
と申します。 よろしく!Piacere!
[PR]
by italiadoc | 2005-06-19 19:16 | *モブログ
オリ-ブオイル ガルダ湖より

暑い! アツイ! あつい!
ここ2-3年猛暑のヨ-ロッパですが、ここミラノの今夏もかなりきてます
きっとエアコンが昨年以上に売れるんだろうなぁ...
6月18日現在31度-これからが本場の夏!
身体を鍛えるぞォ~ (慣らした方がいいかしら?)

階段の壁に身体をくっつけるととってもヒンヤリして気持ちいぃ...
だから好き 「大理石」って ハハハ (悲)

d0024404_1554338.jpgd0024404_1562965.jpg






パスタをゆでる気もしないので、昼食は火を使わない!シンプル料理!
"野菜サラダ" と決定。

で、おもむろに地下倉庫 (cantina) からとっておきのオリ-ブオイルを

ガルダ湖 デゼンツァ-ノ Desenzano 特産 Olio Extra Vergine Di Oliva
原産オリ-ブを石の挽き臼を使い、冷却法で圧搾
南イタリア産とはまた違う、デリカ-トな味は絶品です

高速 Desenzano の出口から約5分
このオリ-ブオイルを搾油する農園 モンテクロ-チェ Montecroce は
近年 DOP の品質保証の称号を持つイタリアでも有数の農園

d0024404_1564810.jpg


メニュ-は自家製ルコラ Rucola と馬肉の塩ずけ Bresaola 買ってきたトマトPommodori チ-ズ Formaggio Grana
そ.し.て.Olio Extra Vergine Di Oliva を タラ タラ タラリ~
[PR]
by italiadoc | 2005-06-19 02:47 | *Mangiare
"ルコラ" な毎日
d0024404_621265.jpg


すくすくすくすく成長する ルコラ Rucola
小さな小さな私たちの野菜畑を
ルコラ達は "これでもかっ~" って感じで大きく大きくなっていきます

2階に住む ペッピ-ノ Peppino おじさんの手ほどき?を受け
今年はこんなに立派なルコラたち

ほどよい にがさ と 野生の香り
うん、例えば かいわれ大根 イタリア版
暑い季節に欠かせないイタリア野菜です

朝採りのルコラ、よ-く洗って、しばらく冷水に
お好みでトマトやモッツァレッラチ-ズ + オリ-ブオイルで
りっぱな一品できあがり!

d0024404_622484.jpg


次にご紹介するのは
こんなにかわいい キュ-リ Cetriolo

朝日がちょっとまぶしそう
お花がちょっと重いかなっ

なんてことブツブツと考えながら...

夕方も一度会いにいったら
ひとまわり大きくなってたような気がした

d0024404_6222276.jpg


そしてイタリア代表~
ジャジャ~ン
トマト Pommodoro !!

真っ青
まだみんな生まれたばかりです

昨日まで気づかなかった彼らのこと
だって葉っぱとおんなじ色してるから
誰にも気づかれないように
大人になるまで赤くならないんだ

なんてことをまたもやブツブツ考えながら

「ペッピ-ノおじさん、いつ頃食べれるようになる~?」

「2週間はかかるかなぁ」
[PR]
by italiadoc | 2005-06-17 07:11 | *Mangiare
ホントに汚れおちる?

昨日14日より開催の現代絵画芸術国際フェア-
Art Basel a Basilea (スイス)で発表された この石鹸
一見普通の石鹸ですが

d0024404_1945962.jpg

タイトル "Mani Pulite"

イタリアの閣僚評議会議長 (ヒェ~ ~ まるで早口言葉!総理大臣と呼ぼう)
シルビオ ベルルスコ-ニ Silvio Berulusconiの
「脂肪」からできている石鹸です


一年半前、首相がスイスのクリニックで脂肪吸引手術を行った際に
取り除かれた脂肪だそうで、部位は両脇腹と顔
そういえば話題になってました、彼のエステ!
それに昨年から髪が増えてきているように感じるのは私だけでしょうか?!

国際フェア-での値段は €15.000 也...
スイス系イタリア人ア-ティストMotti氏は自信満々で
油??を売ってるそうです....

それにしても タイトル "Mani Pulite" をどう訳するかが難しいトコロ
"清潔な手" "汚れのない手" なんてちょっと皮肉になりそう...なんちゃって

ア-トって何??
[PR]
by italiadoc | 2005-06-15 19:38 | *イタリア四方山話
イタリアの太陽の味 LIMONCELLO
d0024404_1372084.jpg


ガルダ湖サロの町にあるCafè Vassalli は素敵な Pasticceria 手作りお菓子やサン
ドルチェやジェラ-トをはじめアぺリティ-ボにと午前中からいつも
賑わうおしゃれな集いの場所
ウィンドウを色鮮やかに飾るDolceを眺めるだけでも一見の価値有り

と...その奥に堂々と陳列されているのが
ガルダ湖名産のリモンチェッロ "Limoncello"
ガルダ湖周辺は年間を通じ比較的温暖な気候をうけレモンの栽培が盛んな地方
オリ-ブオイルやワインに並んでイタリア国内でも高品質のリモンチェッロ
を生産しています
世界的に有名なのはなんといってもイタリア南部シチリアやナポリ周辺ですが..

d0024404_137434.jpg


これからの季節、ギンギンに冷やしたLimoncello
をイタメシ又はモッタリ系の食後にグイット!!
結構消化にも良いみたいです...

ちなみにレモンとアルコ-ルとお砂糖からできてるの
イタリアの太陽いっぱい受けたレモンの濃厚な味
ちょっと甘目だけれどこれ飲むと
「これで食事終わりぃ~」
「Finito!」

注)必ず冷凍庫でおもいっきり冷やしておいてね!
ただしクリ-ムタイプのLimoncelloは冷蔵庫にぃ
[PR]
by italiadoc | 2005-06-14 02:13 | *Mangiare
イタリアの夏
イタリア特にミラノの冬は暗~くて寒~くそして長~い

d0024404_6231491.jpg

そしてやってきました待望の季節 "夏" Estate!
6月は爽やかで、サマ-タイムにも心身とも馴染み、いいのよねこの季節、開放的で

ということで、今朝はジョギングの後 (夏期早朝のみ実施で、ちなみに今年は3年目)
週一回行われる朝市 Mercato に直行

どうしても肉食になりがちな生活が続いているので
エィ!今日のお昼は 魚介類のスパゲッティ Spaghetti ai frutti di mare

d0024404_6233340.jpg

ニンニク Aglio 玉ねぎ Cipolla トマト Pomodoro パセリ Prezzemolo
そして主役の魚介類盛り合わせ
Cozze, Vongole, Seppioline, Polpo, Vari pesci misti e metà Aragosta
以上お買い上げなり-デス
スパゲッティ-は標準サイズN5使用で al dente 結構上手く出来ました。




d0024404_624229.jpg
ワインはBianco, Orvieto生産の Ponte ai Massi 2003年
軽めでクセがなくPranzoにはもってこいです。

§ Proverbi イタリア語ことわざ §

Si deve mangiar per vivere, non vivere per mangiare
[PR]
by italiadoc | 2005-06-10 07:26 | *Mangiare
ワイン好き親友への誕生日プレゼント
例年のことながら悩むのが-お誕生日プレゼント-
今年はこの写真の品に決定!!!

d0024404_522828.jpg


オ-ストリアRIEDEL社の新作 "Blind blind" という真っ黒なワイングラス
素材はクリスタルでソムリエのワインテ-スタ-用に作られたワイングラスですが、一般にも販売されていて、ちょっとこだわり派へのプレゼントとして人気があります。
ワイン通の試飲はやっぱり "al buio" で!

友達 (Maschio) はワイン好きの健啖家そしてEnoteca(いわゆるワインバ-)経営。
だからちょっとユ-モアのある個性的なグッズを選んでみました。
気に入ってもらえればいいんだけど...

で、やっぱり欠かせないのがワインのセレクトですよね。
イタリア産にしぼったのですが未だに悩んでます-赤か白か-
d0024404_542019.jpg
Rossoならトスカ-ナのBolgheri "sassicaia" 2000年
ワインの世界にもオスカ-賞があるのですが、去年赤ワインの部で大賞をとった一品。 値段もおそらく最低 €100かなぁ~ それより手に入るかどうかが問題!

d0024404_544084.jpg
Biancoならシチリアの "La Segreta" 2002年 がけっこういい線いってます。
それに一流ブランドではないのだけれど、この値段でこの味! ウッソ~ という感激ワイン-ちなみに確か €7 前後。

値段など問題じゃない!!というとやっぱウソ...特に100と7の差はある!
ああ決断出来ないよぉ...
情熱のVino Rosso? エレガントなVino Bianco? それとも両方?

プレゼントで受け取るとしたらどちらが嬉しいですか?
私に決断の一言を...
[PR]
by italiadoc | 2005-06-08 06:14 | *Mangiare