太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


カテゴリ:*お気に入り風景( 9 )
大切なもの

2月14日 聖バレンタイン
d0024404_447967.jpg

明日も明後日も...どんな時もどこにいても大切にしていたいな

d0024404_447439.gif
人気blogランキングへ

伊訳 More....
[PR]
by italiadoc | 2006-02-15 04:49 | *お気に入り風景
ミラノの朝
キュッ、キュッ、キュッ____________。
黒いゴム長靴で、白い大地を雪踏みです
実に小気味の良いリズミカルな音が、あっちからも、こっちからも
朝の静かな公園に響いています
d0024404_1465053.jpg

大通りから少し外れたこの公園は、私の通勤近道
いつもは買い物袋をさげた地元の人々が憩い
トランプ片手に年配のおじさん達が時を忘れて集っている

「この大雪では、今朝は走っていないだろうなぁ~ 」
去年の春先からジョギングで顔見知りの姿を遠くに探しながら
キュッ、キュッ、キュッ____________。
ワァ~ッ「今朝も走ってる、ビルゴラ!」
d0024404_1471070.jpg

ミラノの公園ではジョギングをする人々と同様、犬の散歩をする人々を
多く見かけます
私は犬を連れている人に会うと嬉しくて、なぜか笑顔になり話がはずんで
しまいます
「雪なのに、今朝も散歩に来てるのね!」フランカさんに声をかけると
「日常のことだからね!」と、笑顔でサラリ
ビルゴラへの愛情と気遣いがぎゅっと詰まった言葉でした
あぁ、なんてタフで優しいイタリア人なんだろう-

30年ぶりの大雪に見舞われ痺れるように寒いミラノの朝
人間関係や自然の厳しささえも和ませてくれる素敵な友達との再会で
私の一日は始まり
ほんのり暖かい気持ちでメトロへと歩き続けました

d0024404_1474595.gif
人気blogランキングへ

伊訳 MORE......
[PR]
by italiadoc | 2006-01-30 01:49 | *お気に入り風景
ファドと雪と日本茶と
私は窓を開けLara Fabianの音楽アダッジョを聴きながら日本茶を飲んでいる。

d0024404_320164.jpg

ポルトガルの「ファド」に似た素晴らしい音楽。
不思議に日本の演歌か民謡を聞いているような気持になる。
すっかり雪化粧の遠景に小さなお寺が見えたような気がした。
d0024404_3205354.jpg

日本の家族や友達との再会をノスタルジ-ではなく、今の自分がいかに幸運かを感じていたいと思う。
そしてみんなにありがとう

d0024404_3213775.gif
人気blogランキングへ
[PR]
by italiadoc | 2005-11-27 03:22 | *お気に入り風景
ヴァレ-ゼ 緑の別荘 -その2-
d0024404_6275866.jpg


前回のポンティ氏の別荘 -Villa Ponti- のお隣さん

パンツァ伯爵の別荘 – Villa Panza – をご紹介!!

1700年代にメナフォ-リオ侯爵 il marchese Menafoglio の意向で
建てられたヴィッラ
ジュゼッペ パンツァ伯爵 il conte Giuseppe Panza が最後の個人所有者となり
1996年にFAI (Fondo per l’Ambiente Italiano)というイタリア環境地所
に寄付され現所有となっています
10:00 - 18:00 月曜と年末休館
Villa Panza: Piazza Litta, 1 Varese tel 0332-283960

d0024404_6284330.jpg


イギリス式庭園をモデルにして'800に作られた33000平方メ-トルの庭園は
幾何学的でありながらどこかドルチェな、まさに Giardino alla italiano
ポンティ氏の別荘同様、小高いところに位置するだけあって景色は最高よ
天気が良ければモンテ ロ-ザ Monte Rosa まで見えるとか...
私は 庭園の一番奥のちょっと小高いところの木陰で一休み

d0024404_629198.jpg

だまって静かに見つめてくれる
あなたの強さは何でしょう

木の葉に漏れる夢の輝き
私の心をつなぎあわせてくれました

右手を節に触れた時
かなしくないよと頬をなでる

あなたはみんな知っている
私はみんなが好きになる


d0024404_6295156.gif
d0024404_6301383.gif
人気blogランキングへ
[PR]
by italiadoc | 2005-07-25 06:34 | *お気に入り風景
夏のリビエラ その2 ポルトフィ-ノ
d0024404_1639290.jpg

リグ-リア周辺を訪れるのには、車、バスをはじめ電車、小型周遊船そして
トレッキングなどの方法がありますが、
海から臨める小型船での遊覧は、詩人気分でとてもロマンチック!







今日の私はトレッキングウェア-で準備万端
リグリア海岸に沿うように張り出す山の小道を散策しながら
サンタ マルゲリ-タ村~ポルトフィ-ノ村へむかう計画なのです
左手に時々垣間見る輝く海岸を見ながらの約1時間半、木漏れ日の山中の小道散策は
心地よい疲れで爽やか!
絶景を臨む信じ難いような大豪邸が右に..左に..見え出すと..
左手に突然美しい~ポルトフィ-ノの入り江~美しすぎる
コバルトブル-の海とスカイブル-、山のグリ-ンが目に優しくアウトラインを際立たせます

d0024404_1638236.jpg

ポルトフィ-ノ漁村の小高いところにあるホテルHotel Portofino Italy: Hotel Splendido, Hotel, a small luxury hotel in Portofino Italy. Alberghi Portofinoのテラスで頂く
昼食は絶景と風を感じながらの
リラックス





d0024404_16394693.jpg

ポルトフィ-ノで捕れた新鮮お魚グリルとサラダ&白ワイン
デザ-トはカプチ-ノのム-ス メレンゲ添え シナモンジェラ-トを満喫しました
Cappuccino Croccante Meringata con Gelato alla Cannella









d0024404_16402348.gif

ありがとうポルトフィ-ノ
人気blogランキングへ
d0024404_16412571.gif
[PR]
by italiadoc | 2005-07-08 18:14 | *お気に入り風景
夏のリビエラ
d0024404_605543.jpg


ジェノバ Genova を中心に東西に広がるリグ-リア リビエラ海岸
西はベンティミリア Ventimiglia ~ 東はスペッツィア la Spezia まで
宝石の様な小さな村が大自然のなかで静かに優雅に豪華に海と共存しています

ミラノから約150km、今日は平日もありスイスイとAutostradaを2時間弱...
ジェノバを過ぎリビエラ東海岸を走り続け約20分...
右手に迫り来る岩山、左に絶壁海岸を縫うように走るくねくね細道!
対向車が来ないことを一心にハンドルを握る手はジト~、肩幅何故か狭くなる!
「あと2センチ」「まだいける!」車内の声も真剣そのもの
イタリア人の真面目な顔と声って結構いいわね!などと冷静を装いながら...

午前8時過ぎに到着したのは 東リビエラ海岸の
小さな漁村 カモ-リ Camogli!
ポルトフィ-ノPortofino と サンタマルゲリ-タ Santa Margherita に挟まれた
人口5000人程の静かな漁師村
6月からスタ-トしたバカンスシ-ズン、小さな海岸は色とりどりのパラソルで
飾られ、朝からイタリア人を始め観光客で賑わっていました

d0024404_6119100.jpg




















フレッシュでかわいい 女の子 Due Ragazze Camogliese
"Posso fare una fotografia?"
"Si!!!!!"
写真撮らしてもらえるかしら?
の質問にフォカッチャをほおばりながら笑顔でOK!
おいしそぅ Focaccia Genovese (ジェノバ方言 Fugazza )
できたてのフォカッチャは残念ながらお届けできませんが、
イタリア語版フォカッチャレシピをご参考までにLa focaccia genovese

夏のリビエラも良いですが、冬のリビエラはまた格別ですヨ
あっ、そういえばありましたよね 歌
「冬のリビエラ」ってきっとここのこと唄っていたのかしら、
それとも他にあるのかしらリビエラ海岸って?
エッ 知らないそんな歌? 古すぎる?

宝石のようなリビエラ海岸、道幅などを広げることなくどうぞこのままで
ずっとあってほしいと思います..心から..


d0024404_614620.gif
人気blogランキングへ

d0024404_625449.gif
[PR]
by italiadoc | 2005-07-07 06:40 | *お気に入り風景
イタリア最大のガルダ湖より
d0024404_5502149.jpg


今日はイタリア最大のガルダ湖 (370平方キロメ-トル) の西湖畔の町
salò "サロ"より

朝6時にミラノを車で出発、約160Kmの道のりはイタリア祭日の(Festa della repubblica)早朝もあって渋滞もなし! 最高!
7時半には静寂に包まれた湖畔沿いをオ.サ.ン.ポ...
朝日をうけながらお散歩中? 朝食中? の白鳥サンとガルダ湖の水の美しさに
おもわずシャッタ-をきりました。

d0024404_5504139.jpg
日中は26度とまさに夏の日差し、
3日間で私の二の腕と襟足は真っ赤、それ以上に問題は足!!
ミニスカ-ト+スニ-カ-+靴下という装いだったため、今夜の私はまるで白足袋と白ブルマ-状態です。

あっ、白鳥が飛ぶ時に放つ音を聞いたことがありますか?
私、生まれて初めて聞きました、羽と風が作り出す力強い音色。
私を別の世界へ導いてくれました。
[PR]
by italiadoc | 2005-06-05 06:49 | *お気に入り風景
天才イタリア画家の生家を訪ねて
美術の道を深く学んだことはないんですけど、DOCは絵が好きなのです。
書くのも見るのも両方とも。
自分で楽しむなら鉛筆か水彩画が手軽ってことで、一番身近な道具になってます。
イタリアにいて豊かだなぁとつくづく感じる瞬間の一つに
芸術作品やその背景を身を持って感じる時があります、DOCシアワセ。
画家.彫刻家.建築家として数々の傑作をイタリアに残した
Giotto ジオットの生まれた家を訪れました。(1267-1337)

d0024404_16315176.jpg
場所はフィレンツェ郊外Vecchio di Mugelloという小さな村の小高い丘の上。
何もない、ただ大自然のみがある小さな小さな村です。
ある日、Giottoは自分の絵の才能を表現するにあたりフリ-ハンドで
完璧な円を描き
、その簡潔さと熟練の手腕と才能がロ-マ法王の
目に留まったというのはとても有名な話。

2枚目の写真はDOCがど-うしても行きたかった、念願の場所。
エッ、草と石だけだって? 確かにそ-よね、有名ではない "橋" なんです
けど大切な "橋" 。
d0024404_16322597.jpg
羊の絵をこの橋の上で描いていたGiottoは当時12才

その時、Giottoの師であるフィレンツェの画家Cimabùeチマブエが通りかかりその後の彼の運命を大きく変えてゆくことになった "出会い橋" なのです。

"出会い"って大切よね、運命だから....
[PR]
by italiadoc | 2005-05-27 17:35 | *お気に入り風景
フィレンツェの夕焼けはとってもロマンチック
d0024404_5585586.jpg

月曜日朝から丸3日間のフィレンツェでの仕事を終えて帰ってきました。
やっぱり車の往復はハ-ド...でした。
Sono stanca.
Sono stanca morta.
Sono stanca da morire.
Sono distrutta.
まっ、いろいろありますけどSono stanca.
3日間晴天続きで、日中は勿論半袖でも暑いくらい。
Ponte Vecchioから見る夕焼けにおもわづシャッタ-をきりました。
実際はもっともっと暖かい夕焼け色だったの..でも、何かが伝われば嬉しいな!
Vado a letto immediatamente.
Buona notte. A domani.
[PR]
by italiadoc | 2005-05-05 06:15 | *お気に入り風景