太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2005年 04月 24日 ( 2 )
ヨ-ロッパイタリアアンティ-クボタンは宝石Gioielli!
今朝は雨音で目覚めました。明日25日の祝日イタリア開放記念日を利用し、先週末より連休をとりミラノを脱出するイタリア人が多いせいか、今朝のミラノは久々の静寂に包まれています。個人的にはこの雨と静けさ、大好きです。
ところで今日はアンティ-クボタンのお話。22-25日までPavia県Belgioiosoの町で開催されているVintage Showでおもわぬ友達にうれしい再会。
d0024404_20201623.jpg

以前よりヨ-ロッパアンティ-ク生地小物の収集は聞いていましたが、彼のアンティ-クボタンのコレクションを見せてもらって唖然!美しい!1800-1900年代のフランス物を中心とするボタンボタンボタン-それは紛れもない宝石でしたd0024404_2024925.jpgd0024404_20242352.jpg
彼の名前はフランコジャカッシ!イタリアでアンティ-クボタンコレクタ-として第一人者ともいえる人物なのです。彼のコレクションを集めた本"Bottone"も一見の価値有りで美しい宝石ボタンがづらり。日本でも出てるのかなァ-どうなんだろう?? 700-900年代の貴重なボタンコレクションで900年以降はア-ルデコのボタンは在庫もあるとのこと。d0024404_20301839.jpg
当時ボタンは洋服を飾るだけでなく、社会的意味や価値をあらわしていたと言われるほど貴重な宝飾品。ナルホドとうなずけるすばらしいコレクションに出会うことができました。
[PR]
by italiadoc | 2005-04-24 20:34 | *ファッション一流職人
イタリアミラノ くつろぎと歴史のカフェ-その2
お待たせ、昨日の続きをお届けします。
Caffèのおいしいことはさておいて、Caffè嫌いのアナタでも是非立ちよってもらいたい場所なの。
d0024404_435769.jpgまず、天井を見上げて下さい!すごいのここのシャンデリアと壁細工。鍛冶職人Mazzucotelliマズコテッリ巨匠のシャンデリアは一見の価値有り。壁一面は花鳥をモチ-フとしたリバティ様式のモザイクで飾られAngelo D'Andrea氏によるもの、そしてチョット高めのバ-カウンタ-も歴史の流れを感じる一流品です。
d0024404_436123.jpg
それからどんな仕事でも共通すると思うんだけど、行き届いたサ-ビスって大切よね!ちょっとした笑顔や、礼儀とかetc.--ここのBar manっていつもプロだなって感心してしまいます。スゴイ!
d0024404_437849.jpg
最後になりましたが、ミラノではここBar Zuccaだけで飲める?イエイエ食べれるカフェがあるので是非挑戦してみてェ! 大手イタリアコ-ヒ-メ-カ-Lavazzaとスペインの料理人フェラン アドリアFerran Adrià氏が作り出したム-ス状のカフェで名前はエスペッソEspesso
d0024404_452413.jpg

ちなみにカフェエスプレッソEspressoは0.90ユ-ロ エスペッソEspessoは1.10ユ-ロ 月曜定休日。www.caffemiani.it
[PR]
by italiadoc | 2005-04-24 04:56 | *Mangiare