すごいのよォ~ イタリアは、いっぱいあってね!

白の演出

*ファッション一流職人
元のサイトで完全版を読む
早朝五時半、車のヘッドライトにてらされた街並みは樹氷のよう 私はミラノ中央駅発ユ-ロスタ-9425に乗り込み一路フィレンツェへ 目指すは2006/2007秋冬メンズコレクション展示会 第69回 ピッティ ウオモ 1月11日~14日、会場はフィレンツェ市内バッソ要塞です 皮のボストンをシ-トの上棚にあげ、指定の窓際の席にコ-トのまま座り やっとウトウトしはじめたかと思った頃フィレンツェサンタ.マリア.ノヴェッラ駅に到着08時45分-快晴の青空 B&B に荷物を預け、会場に直行。新しいコレクションへの期待と緊張感で 入場...とその時...
“心楽しい ” 造形が目の前に映し出され、自分の中で調和がとれたかのような 「快感」「自由」
2枚目の画像
メイン会場クラシッコイタリア-ノ前広場、真っ白な参加国14旗が雲一つない 水色キャンパスを走り抜ける「統一」「出発」「探求」
3枚目の画像
メイン会場入り口に設けられたホワイトカラ-のお花屋さん 「平安」「純粋」
4枚目の画像
白い彫刻への驚愕はしだいに暖かい共鳴へと変わる「地球」「共同」
5枚目の画像
銀白の世界、白いカフェは 優しい「リラックス」 ここでご紹介できるのはほんの一部ですが「白」という色を使って今回のピッティウオモ展示会を演出したのは、ベルギ-のファッションデザイナ- マルタン.マルジェラ氏! と聞いてウ~ンと頷く方も多いのでは??!! ホワイトは彼のメゾンカラ- 12日にはフィレンツェ市内のプッチ-ニ劇場でファッションショ-が行われたとのこと、勿論テ-マは「白」、見たかったです。。。 世界屈指の服飾メ-カ-が生み出すデザイン、品質、技術への究極のこだわりの表現「メンズファッション」とマルジェラ氏の「白の演出表現」が融合した今回のピッティウオモは、私にとって特別、意味のある展示会となりました 今まで展示会は「競争」「頑張り」そして 「戦い」だとさえ私は感じていたのですから... さて、皆様は白の演出から何を感じられましたか? 追伸 ~ 今回の記事「白の演出」をファッションのカテゴリ-に入れようか、ア-トに入れようかなぁ...芸術は表現だと常々感じる私には迷いのある選択ですが、昨年の第68回ピッティ記事に引き続き (6/23~29ブログです) ファッションのカテゴリ-にいれました ~
6枚目の画像
人気blogランキングへ
もっと見る