太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


イタリア道化師? Mimoはア-ティスト
長い間気になってたの、彼らのこと。どのくらい長い間って??--結構長いの約10年以上前から気になってて。初めて彼らを見かけたのは、Duomo大聖堂の前。風の強い昼下がり、そこだけまるで何もかも止まったように静寂Silenzioの空気を感じ、思わづ足を止めたのでした。ギクッ!ナンダコレャ??ウワァ--が第一印象。
ミラノギャラリ-近くのBarでPranzoをとる彼らを何度見かけ、隣の席だというのに話しかける勇気のなかった私です。しかし、今日話ができました、それも結構突っ込んだ質問!! アアアアア--blog投稿が与える勇気とも言えるなァ。
d0024404_18133627.jpg
イタリアでは彼らの仕事は、MIMO, PANTOMIMO, STATUA VIVENTE, STATUA MIMO, CLOWN, ATTORE等と呼ばれています。
DuomoとSforzesco城をつなぐ大通りVia Danteで今日が初仕事のMimoさん。1ユ-ロを前にあるブリキ缶に入れると目をパチパチ、ニコッと笑顔、私の手を取り3回会釈、そしてポ-ズをかえて又もとの大理石像のようなMimoに---
大衆の視線を感じながらも今まで聞いてみたかったことを質問!

1.一日何時間働くの?
平均8時間
2.一ポ-ズの最高継続時間は?
2時間1ポ-ズ
3.静止している間何を考えてるの?
無心、又は前を通り過ぎる人々を見つめているだけ
4.冬は寒くありませんか?
集中力と呼吸法が大切
下腹に力を入れ、吐く息はゆっくりとYogaの呼吸法


通勤で急ぎ足のビイネスマン、ショッピングを楽しむ観光客--そんな大衆の中に無言でたたずむMimoの姿とまなざしは、私のイタリアミラノ生活10年間を共に歩いたような懐かしい優しい気持ちにさせてくれました。
d0024404_18145762.jpg

Via Danteから真っ正面に見えるスフォルツェスコ城Castello Sforzesco
[PR]
by italiadoc | 2005-04-27 19:19 | *ファッション一流職人
<< イタリア一流職人への私の思い-... おいしいよ、イタリア揚げパンP... >>