太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


やっぱ一流と一流の融合は超一流だは!
イヤイヤ--スゴイは、SALONEは。今日は早起きして家具の展示会SALONEに直行。 家具インテリアの最前線って感じで大迫力。
シンプル/合理性の極みからクラシック/歴史芸術品ともいえる家具まで、どれを見てもスゴイッ、スゴイッ、の連続。家具を見ているというより、まさにア-トを鑑賞しているような気分になってしまった私でした。
展示会場(FIERA)から家に帰る途中、是非寄ってみたかったのがこの写真の場所。
デザイナ-G. ARMANIがSALONEの期間中開催している彼のインテリアコレクションARMANI CASAの発表会場
d0024404_5595154.jpg2001年に建築家安藤忠男氏によって設計建築され、シンプルと水と光をコンセプトとした建物内で開催。ここはアルマ-ニの本社でもありファッションショ-も行われるのですよ。シアタ-としても利用されるようイベントも企画されミラネ-ゼをはじめ一般の人も参加できる文化交流センタ-みたいな感じかな!? 会場を案内して下さったARMANI広報責任のプロフェッショナルなGABRIELLAさん曰く、"ARMANI氏は心の底から日本と日本の文化を愛し、いつも彼は自分を日本人だと言っています" ウ---おもわずうなってしまった私です。だって、最高に難しいことだと思うの、自分が何人であるかを責任をもって言えることって。d0024404_704082.jpg
3ヶ月後に発表されるという会場の作品のテ-マはオリエントの優雅と美。ARMANIの合理性と会場建築のシンプルさが融合されていて会場を出た時は妙にすがすがしい気持ちの私でした。住所はVIA BERGOGNONE 59 MILANO
[PR]
by italiadoc | 2005-04-16 07:02 | *一流建築/ショップ
<< イタリア有数の美しい広場-中世... イタリアのお土産に困った時には... >>