太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


ピッティ ウオモ 3日目 美しい音楽のめざめ
d0024404_20131043.jpg

ピッティ開催中はフィレンツェ市内近郊のホテル、B&B..満室は今や常識?

連泊できなかった私は、3日目に宿泊先を変えなければならなかったのです (トホホ)
観光客とビジネスマンで溢れかえる時期、
その上今日は市内バスと電車のストライキ!!!!
すごい行列タクシ-乗り場! どこのタクシ-会社の電話も話し中...

そんな訳で昨夜は重い足を引きずりながら、ピッティカタログで鉛のように重いかばんをかつぎ、そろそろ薄暗くなりかけたフィレンツェの街を横断!

30度は下らない暑さの下、ピッティではほとんど "力仕事"
汗でダラダラ、化粧なんて流れてスッピンボロボロ状態でやっと宿についた私は
ピッティのまとめをしながら........深い眠りに.........

d0024404_20132354.jpg

早朝7時頃だったかしら...確か
ア~~~~イイナぁ~~この音楽、3重奏の様なこの音色、鐘の音
私の耳の横で、というより、私の胸の中で響き渡るこの鐘の音はどこから?
すっばらしくすがすがしい目覚めに自分でも驚きながら、さっさと身支度をし外出!


高らかに鳴り響く鐘の音は、ここドゥオモに隣接するジオットの鐘楼から
奏でられていたのです。 (参考に5月27日ジオットのブログ見てね)

早朝のドゥオモ広場に立った時、昼間には人の波で打ち消されているその迫力と存在感と静寂に、言葉に言い表わせられない気持ちになりました。
チョット涙が出て、その後とても元気になりました!

"ありがとう" から始まった今日2005年6月24日
優しいジオットの鐘の音よ
遠く離れる父母へ ありがとう

強く深いジオットの鐘の音よ
遠く離れる兄弟へ ありがとう

静寂と平和 ジオットの鐘の音よ
遠く離れる日本の友達へ ありがとう

ジオットの鐘の音よ
イタリアの人々 ありがとう

そんな気持ちで早朝散歩を楽しみながら、シニョリ-ア広場 Piazza Signoria へと
フラフラと惹かれるよ.う.に....そして、そこには



d0024404_20135038.jpg


今日6月24日は聖ヨハネのお祭り (San Givanni Battista)

午前9時からシニョリ-ア広場のPalazzo Vecchio前で行われる旗を使った
祝祭行事を偶然見ることが出来ました
ちなみにイタリア語でこの祝祭をズバンディエラト-リSbandieratoriといいます。

ウフィッツィ美術館をはじめ、ミケランジェロの傑作像の数々(レプリカ)を背景におこなわれるSbandieratoriにまたもや元気が出てきたDOC!!

ちょっと濃い目の Espresso Stretto を広場の Bar Rivoire でグイッ
さっ、気合いを入れて後半ピッティに行ってきま----す。


AMORE MIO
ポチットね ↓

人気blogランキングへd0024404_532175.gif
[PR]
by italiadoc | 2005-06-25 21:53 | *一流建築/ショップ
<< ピッティ ウオモ アバンギャルド部門 DOCの Pitti Uomo... >>