太陽と海、人と歴史、ファッションとマンジャ-レ...イタリア人の豊かな生活の輪に加わりながら、日々の感動をブログに留めてゆきたいと思います
by italiadoc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


DOCの Pitti Uomo 2006春夏コレクション 中間速報
d0024404_5594244.jpg

イタリアメンズといえばやっぱり "クラシック" でしょう

前半2日は徹底的にクラシックの部門に集中!

まず、本来のエレガントさに加えられた2006年の新風は、一言で "自由と開放"
決して急激な変化ではありませんが、とても新鮮なラインが目に付きました。
例えば、ちょっとエスニックの香りを漂わせたプリント柄であったり、
ヨットやゴルフなどスポ-ツへの熱い思いや情熱を感じさせられたり...
私はとても好きです-この新風-いままでの「すきのないクラシックIMPECCABILE」から「束縛されないクラシックDISIMPEGNATO」へ緩やかな大変革!!

ニュ-エントリ-ブランドとして、いくつかあげるとBelfa, Canal Club, Krizia Uomo, Tardini, etc...

d0024404_602046.jpg


ジャケット Giacche:
縫製は益々のSartoriale (仕立て屋技術) が注目☆
申し分の無い仕立ての上に、非常に薄手の生地が影響してか、一見カジュアル!!
Y.YAMAMOTOの超薄手モヘア-ウ-ルのス-ツはめちゃくちゃかっこいい。
(監視員がいて触らせても頂けませんでした...マジで触りたくなる美しさでした)
先日も書きましたが、来春の"Light" は実際の重さ も超計量☆
そうそう、肩のラインが自然で柔らかで...そんな感じです

ボトム Pantaloni: もその流れで、自然な細身ではき心地を重視した感じが伝わってくるデザイン。

シャツ Camicieもそうね、やっぱり細身の傾向!!
といっても決して絞りすぎてない優しい感じ。
襟やタック、縫製全てにおいてスゴク繊細なアイテムだと、あらためて感じました。「ああ、ワイシャツってこんなに奥が深いんだ~」
と工場デザイナ-の説明に 「フ-ム、ナルホド、スゴイですね」の繰り返し
テイストは '20~'30年代 そして、カフスの復活を感じますねェ~

ニットMaglie: は品質に注目-
薄手で高品質がポイントかしら...ヴォリュ-ムもとても品がよいですね
もう最高にシックです

その他、レインコ-ト Impermeabiliも注目度が高いとDOCはカンジル☆
それも勿論、薄手のねっ!!

d0024404_604569.jpg


気になる2006S/Sのカラ- Coloriの行方は....

グレ-! 特に無煙炭色??
この色って薄手生地と組み合わさることで、黒にほとんど近い深いグレ-に
変化するスバラシイ染めなのです。
特に夜のスペシャルなお出かけには欠かせませんよね!

そして、白 Bianco White 系-は新鮮で強い

基本の2色に続く堂々第3位は、青 Blu Blue 系

さ~て、何色でしょう??? 第4位!!!
答え:------------------------------------ 次回のブログでねっ!(へへへ)

プリントはストライプなら細めから極細で花柄もいっぱい
それから、不揃いなプリント柄というか結構遊び心がある、空間の多いプリントも
目立ちました。

大切な素材傾向ですが Materiali



薄いことがなんといってもキ-ポイントかしらん
超薄手ウ-ル(Super200'sまで)
モヘア-と他高級素材混紡
シルク+綿/麻
麻混のデニム生地がここクラシックで結構でてきてます!

ニット糸に関しては、極細のコットン、カシミヤ、シルク
着易さを目的にエラスティックな糸混紡もとても品良く、来年のコンセプトに
ピッタリです☆

ネクタイCravatteがすごいのよォ-----
しゅすの光沢の強い結構 これでもか!!系がクラシックエレガンスの主流

靴 Scarpeス-パ-クラシックな "derby"
なんて言うんでしょう、紐のあるトコロの部分が靴本体に縫い込まれてない
スタイル..ダ-ビ-derbyであってましたっけ?

洋服に合わせて登場するゴルフやヨット用デッキタイプそしてスニ-カ-など
カジュアルが断然です!
そして...これも軽い...です

そんでもって、靴下結構たのしいカラフルいっぱいです!

*****少々長くなりすぎた中間報告*****

目 疲れさせちゃいましたよね...
最後まで読んで下さってありがとう

追伸>
1枚目の写真はPitti会場入り口一部
2枚目はCorneliani社
3/4枚目はMarlboro社とHugo Boss社のブ-ス風景

このブログの写真と内容掲載はPitti Immagine Uomoのプレスにご協力、許可をいただいて掲載させていただきました。
プレスのアントネッラさんシルビアさんありがとうございました
っで、明日も引き続きよろしくぅ


そんなところで
今日からはじめました
ポチッとよろしく ↓

人気blogランキングへd0024404_5212418.gif
[PR]
by italiadoc | 2005-06-25 09:17 | *ファッション一流職人
<< ピッティ ウオモ 3日目 美し... ピッティウオモイタリア >>